一口馬主投資の日記

2011年(2010年度産)から一口馬主を始めました。一口馬主歴10年目。目標は一口馬主を投資として成立させ配当で翌年の出資まで出来るように利益を追求する事。G1馬に出資する事。現役馬は20頭くらいになればいいなと思っていますが、現在の現役馬は12頭。


当サイト内の近況記事と画像の転載はキャロットクラブ様、シルクホースクラブ様より許可を得ています。(無断転載は禁止です。)

【シルク募集馬出資検討】シルクホースクラブ2018年度1歳馬募集予定馬出資検討会(第3回7月19日)

先日シルクホースクラブの電子カタログと募集馬動画、測尺が発表になったので、次の段階の検討に入りました。

 

今回は測尺をメインに絞り込みました。

馬体と動画はカタログが着てから考えたいと思います。

 

第3回検討会後候補馬一覧

  1. モシーンの17
  2. サロミナの17
  3. アイムユアーズの17
  4. リアアントニアの17
  5. エンジェルフォールの17

 

 

ちょっと絞りすぎました。

カタログと動画で余程良ければ復活させる馬も何頭かいるでしょうが、どうなるでしょうか。

ひとまずこの中から優先申し込み馬を選ぶところまでは確定です。

それにしてもサロミナの17は評価が微妙です。

字面の段階では優先申込候補だったのですが、体高が低い割に大型馬でガチムチ体型で牛のようです。これからの育成と堀厩舎の力でどこまでいけるかでしょうが、ちょっと「あやとまる」の好みとはかけ離れ過ぎていました。

来年もディープインパクトが付けられているている事を考えると本当は今年もディープインパクトを種付したかったんだと思いますが、とまらなかったのですかね?

ただ堀厩舎というのはかなり魅力的です。

それからスマホでカタログを見た限りだと、今回候補から外していますが、ロザリンドの17とベッラレイアの17も良く見えました。

スマホとカタログ・DVDでは見え方が全然違うのでカタログ・DVDでもよかったら候補に復活させると思いますが、ロザリンドの17はかなりの人気になるでしょうし復活させてもあまり意味が無いかもしれません。

 

XM(海外業者FX)で大勝ちできればDMMバヌーシーも考える予定でしたが今のところそこまででは無いので素直にシルクの出資検討を進めていっています。

 

キャロットも募集予定馬が発表になっていますので、これから検討を始めたいと思います。

 

ルージュバックやムーンクエイク、グローブシアター、ココファンタジア、サラキアのような馬に出資出来るように更なる厳選をしていきたいと思います。