一口馬主投資の日記

2011年(2010年度産)から一口馬主を始めました。一口馬主歴10年目。目標は一口馬主を投資として成立させ配当で翌年の出資まで出来るように利益を追求する事。G1馬に出資する事。現役馬は20頭くらいになればいいなと思っていますが、現在の現役馬は12頭。


当サイト内の近況記事と画像の転載はキャロットクラブ様、シルクホースクラブ様より許可を得ています。(無断転載は禁止です。)

シルク様子見馬近況

【近況】

フラニーフロイドの17

 

2018/08/10 <所有馬情報>
在厩場所:8月6日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「性格はとても温和で、馬体もとても雄大と、ここまで心も身体もすくすく育っています。筋肉のメリハリも付いてきましたし、いかにもダイワメジャーの産駒らしいしっかりとした体つきになってきました。また馴致も手の掛かることない優等生で、洗い・鞍付け等、問題なく進んでいます。放牧地で他馬と並んで走っている時も相手を見ながら走る余裕がありましたし、スピードに長けていますね」493kg

 

 

母馬の成績は北米8勝となかなか素晴らしいですよね。

脚元は若干怖そうですが、馬体重がしっかりあり、手塚厩舎なのも〇です。

値段も兄姉よりかなり落ち着いているのでお手頃ですし気になっています。

 

ラックビーアレディトゥナイトの17

 

2018/08/10 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「ここまで順調に夜間放牧を行っています。キングカメハメハ産駒の特有の硬さも徐々に取れてきて、馬体の各部には良質な筋肉が付いてきました。トモ周りなども一段と大きくなってきましたし、メリハリのある体つきに成長を遂げました。放牧地で元気に走り回っていますが、その分青草を食べて体重が徐々に増えてきており、全体的にしっかりとしてきた印象を受けます。また馴致に関しても、鞍付けまで順調に進めています」438kg

 

 

キンカメ牡馬で馬体重が小さいのは懸念ですが、これからどれだけ成長してくれるかだと思っています。

4月生れですしまだまだ成長してくれると思います。

尾関厩舎なのも面白いですね。

様子見出来るのであれば様子見したいです。

ただ若干高額ですね・・・。

 

シーヴの17

 

2018/08/10 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「順調に夜間放牧を行っています。馬体は成長を続けており、最近では伸びが出て、各部の長さと太さのバランスが良くなりました。全姉がケンタッキーオークスを勝った超良血馬ですし、先々は非常に楽しみですね。膝に微細な骨片が見つかり、7月30日に摘出手術を行いましたが、今のところ経過は良好で問題はありません。育成厩舎への移動は遅れてしまいますが、調教開始は思ったよりも早く出来そうで11月頃ないしは、それよりもいくらか早くなると思われます」447kg

 

 

骨片除去の手術は上手くいったようで術後も今のところ良好なようです。

ダート牝馬にしては高額すぎるので躊躇してしまっていますが、様子見出来るのであれば様子見したいですね。

キャロットの1次募集次第ですが、様子見したい候補No.1です。

 

 

今のところ様子見したい候補はこの関東馬3頭ですが、もしかしたらもう少し様子見候補を増やすかもしれません。

キャロットの1次募集次第ですね。

出来るだけ長く様子見出来るといいのですが、厳しいでしょうね。