一口馬主投資の日記

2011年(2010年度産)から一口馬主を始めました。一口馬主歴9年目。目標は一口馬主を投資として成立させ配当で翌年の出資まで出来るように利益を追求する事。G1馬に出資する事。現役馬は20頭くらいになればいいなと思っていますが、現在の現役馬は11頭。


当サイト内の近況記事と画像の転載はキャロットクラブ様、シルクホースクラブ様より許可を得ています。(無断転載は禁止です。)

サラキアは池添騎手に「感謝」

エンジェルフォールの17がNF空港に移動していますね。

ここからが本格的な競走馬としての調教がはじまります。

怪我に負けず頑張ってほしいですね。

そして、モレイラ騎手騎乗停止のサラキアは池添騎手がまた乗ってくれるようです。

他のレースに騎乗予定だったにもかかわらず再度乗ってくれるのはありがたいですね。

マジックマン・雷神モレイラの一発も期待していましたが、池添騎手の意地の騎乗に期待したいと思います。

 

【今後の出走予定】

10/13

ソルドラード 2歳未勝利 東京・芝1800m 騎手未定

10/14

サルトアトランテ 2歳未勝利(牝) 新潟・芝1400m 北村友騎手

10/14

サラキア 秋華賞(G1) 京都・芝2000m 池添騎手

10/21

ココファンタジア 桂川S 京都・芝1200m 藤岡康騎手

 

【近況】

ムーンクエイク

f:id:keigm1155:20181002190839p:plain

ムーンクエイク スプリンターズS(キャロットクラブ様HPより転載)

18/10/9  NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週いっぱいは疲れを取ることに専念し、この中間から馬場で乗り出しました。これからの進み具合を見てみないと何とも言えませんが、夏の競馬を使って放牧に出てきた後の状態と比較すると今回のほうがいいのかなと思えます。今後についてはこれからですが、何とか巻き返せるようにまずはしっかりといい状態に持っていけるようにしたいです」(天栄担当者)

 

 

流れが合わない短距離戦を2戦もし、調子を崩してしまうかとも思いましたが、そんなこともなさそうです。

次走距離をのばしてくると思いますのでそこが試金石ですね。

これからもまだルメール騎手に拘るのかも気になるところ。

現在トップジョッキーなのは間違いないので乗ってくれるならありがたいですが、その為に出たいレースに出れないのは馬がかわいそうなので、なんとか手の合う騎手が見つかればいいのですが、そこも楽しみに待ちたいと思います。

 

セリユーズ

f:id:keigm1155:20181009171857j:plain

セリユーズ 10月6日未勝利戦(シルクホースクラブ様HPより転載)

2018/10/09 <レース結果>

 10/6(土)東京3R 2歳未勝利〔芝2,000m・12頭〕2着[1人気]

スタートはやや立ち遅れるも巻き返して、道中は中団を追走します。抜群の手応えで直線に向き、残り1ハロン付近で先頭に立ちましたが、ラスト30mで勝ち馬に交わされクビ差の2着に敗れています。

C.ルメール騎手「まだ体が柔らかすぎますね。馬場も若干緩んでいましたので、この馬にとっては不利な条件でした。もう少し筋力を付けて馬体がしっかりしてくれば、もっと走ってくると思います。初めて乗ったので前回と比較は出来ませんが、折り合いを欠くことはなかったので距離はこれくらいで良いと思いますね」

国枝栄調教師「直線では楽な手応えで抜け出して勝ったかと思いましたが、最後の最後で力尽きてしまいました。それを考えると距離が少し長かったかもしれませんね。課題でありましたゲートに関してですが、レース前日に練習を行ったことで前走と比べると幾らか改善されました。実戦でもある程度出てくれたので成長はしてくれていると思います。成長を促す意味も込めて、7日にノーザンファーム天栄に放牧に出させていただきました」

 

 

 

正直勝ったと思いましたし、勝ち切ってほしかったという思いが強いです。

ルメール騎手が気を抜かせないようにしっかり追っていたらもしかしたら勝てたかもしれないと思うと悔しいですね。

しかも10日競馬でまた放牧。今回は勝ってから放牧に出して欲しかったというのが本音です。

このレースぶりなら遠からず勝ち上がってくれると思いますが、早く勝ち上がってほしいですね。

次走に期待したいと思います。

 

キービジュアル

f:id:keigm1155:20181009173349j:plain

キービジュアル 10月7日新馬戦(シルクホースクラブ様HPより転載)

2018/10/09 <レース結果>

 10/7(日)東京4R メイクデビュー東京〔D1,600m・16頭〕5着[3人気]

やや出足が鈍く、テンからかなり促す形で中団を確保します。道中も追っつけながらの追走となり直線に向きますが、最後までバテることなく脚を伸ばしてデビュー戦を5着で終えています。

松山弘平騎手「乗り味は良いですが、大型馬で初戦ということもあり、なかなか進んでいきませんでした。それに、芝スタートでスピードが乗ってこなかったですね。また、追い切りに騎乗させていただいた時から、長く良い脚を使うタイプという感覚を持っていたので、前目の位置を取って早め早めの競馬をしようと心掛けました。予定よりも少し後ろの位置にはなりましたが、直線向いて追い出してからジリジリ良い脚を使ってくれましたし、最後まで頑張って走ってくれています。まだ競馬を分かっていない感じもありましたので、今回の経験を活かしてくれれば次はもっと走れると思います」

庄野靖志調教師「初戦からというよりはひと叩きして良くなるタイプだと思っていましたが、こちらが思っていたよりレース内容が良く、最後まで頑張ってくれたと思います。気持ちがないというより、まだ競馬を分かっていない感じだったとジョッキーが言っていましたし、今回のレースでピリッとしたところが見られるようになってくるでしょう。次はもっと良くなってくると思うので、トレセンに戻ってレースのダメージがないようであれば、次走は1,800mぐらいの距離を試してみたいと思っています。しっかり状態を確認したうえで今後の予定を検討させていただきます」

 

 

 

松山騎手のコメントにあるように大型馬ですし、以前までのコメントにあったように初戦からというタイプではない中、5着を確保してくれました。

ダメージ無いようなら続戦も考えてもらえるようなので嬉しいですね。

次走1800mを試すようです。上積みは大きいでしょうから楽しみですね。